名古屋大学 大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科
住所: 〒464-8602 愛知県名古屋市千種区不老町 / 電話: 052-789-2429 / FAX: 052-789-2829

社会連携 - 名古屋大学公開講座 - 2008年度名古屋大学数学公開講座

  • WELCOME
  • 行事予定
  • 交通案内
  • 進学案内
  • 教育・就職
  • 研究情報
  • 人々
  • ジャーナル
  • 名古屋大学 理学図書室
  • 採用情報
  • 社会連携
  • 名古屋大学数理科学同窓会
  • アーカイブ
  • リンク

ファイル更新日:2012年05月14日

社会連携

名古屋大学公開講座

2008年度名古屋大学数学公開講座

参加者募集案内

1. 趣旨

数学とその応用に興味を持つ一般社会人, 高校生および高校教員を対象とした公開講座です. 講師を務めるのは名古屋大学大学院多元数理科学研究科に所属する教員達です. 多元数理科学研究科の教員はいずれも世界の第一線で活躍する研究者でもあります. その彼らが平明な言葉で数理科学について語ります. それを通じてひとりでも多くの方達に数理科学の有する魅力を理解していただけたらと願っています.

2. テーマ
「数学が問題にしたこと」
3. 講師
洞 彰人 (名古屋大学大学院多元数理科学研究科教授)
小林 亮一 (名古屋大学大学院多元数理科学研究科教授)
4. 題目
「コイン投げから始めよう ランダムネスと対称性をめぐって」 (洞 彰人 教授)
「ポアンカレ予想とその周辺の話題から」 (小林 亮一 教授)
5. 主催
名古屋大学大学院多元数理科学研究科
6. 後援
愛知県教育委員会, 岐阜県教育委員会, 三重県教育委員会, 名古屋市教育委員会, 日本数学会中部支部
7. 日時
2008年10月25日(土)と11月1日(土)の2日間
14:45〜15:45, 16:00〜17:00
8. 会場
名古屋市千種区不老町 名古屋大学 理1号館 (多元数理科学研究科)
9. 対象者
一般社会人, 高校生及び高校の教員あわせて30〜40人程度 (応募者多数の場合は抽選により決定)
なお, 教員の方については必要に応じて, 当研究科が受講証明書を発行致します.
10. 参加料
無料
11. 参加申込方法

参加希望の旨をハガキあるいは封書で以下の住所までお知らせ下さい. その際, 氏名(フリガナ付き)・住所・郵便番号・電話番号・学生か教員か社会人の別, 学校名等を明記してお送りください.

〒464-8602 名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院多元数理科学研究科 教育研究支援室 数学公開講座係

締切りは10月3日(金)です.

※申込締切り後, ご参加いただける方には郵送にてご連絡いたします.

12. 連絡先
〒464-8602 名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院多元数理科学研究科 教育研究支援室
電話: 052-789-5742 (事務直通)
FAX: 052-789-5397
E-mail: ryoichi (at) math.nagoya-u.ac.jp (担当教授: 小林亮一)