名古屋大学 大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科
住所: 〒464-8602 愛知県名古屋市千種区不老町

人々 - 特任教員

  • WELCOME
  • 行事予定
  • 交通案内
  • 進学案内
  • 教育・就職
  • 研究情報
  • 人々
  • ジャーナル
  • 名古屋大学 理学図書室
  • 採用情報
  • 社会連携
  • 名古屋大学数理科学同窓会
  • アーカイブ
  • リンク

ファイル更新日:2022年11月29日

人々

特任教員

金田 行雄 (かねだ ゆきお/Kaneda, Yukio) 特任教授
研 究 室 理学部A館 320号室 (内線2820)
電子メール
個人ページ https://www.math.nagoya-u.ac.jp/~kaneda/home_kaneda.htm
メッセージ 乱流は日常生活や自然,科学技術のいろんな場面でいつでもどこでも現れる流れの状態です.一見ランダム,でたらめ,偶然的に見える一方で流体力学の決定論的法則に従う現象です.その法則を表現する方程式の解の存在と一意性の数学的証明はまだされていませんが,その一見でたらめな現象の背後に普遍的な統計法則が潜んでいると予想されています.その法則を探るべく,数理的,計算科学的方法による研究をしています.
研究テーマ
  • fluid mechanics
  • theory of turbulence
  • computational science of turbulence
主 要 論 文
[1]Y. Kaneda, Y. Yamamoto and Y. Tsuji: Linear response theory for one-point statistics in the inertial sublayer of wall-bounded turbulence, Phys. Rev. Lett. 122 (2019), 194502.
[2]Y. Kaneda, T. Ishihara, M. Yokokawa, K. Itakura and A. Uno: Energy dissipation rate and energy spectrum in high resolution direct numerical simulations of turbulence in a periodic box, Phys. Fluids, 15 (2003), no. 2, L21L24.
[3]Y. Kaneda: Renormalized expansions in the theory of turbulence with the use of the Lagrangian position function, J. Fluid Mech. 107 (1981), 131145.
受 賞 歴
2002年Gordon Bell Award SC2002 (IEEE)
2009年平成21年度文部科学大臣表彰 科学技術賞 (文部科学省)
2011年日本流体力学会論文賞 (日本流体力学会)
フェロー等
2004年イギリス物理学会フェロー 
2011年アメリカ物理学会フェロー 
先頭へ
楠元 宏幸 (くすもと ひろゆき/Kusumoto, Hiroyuki) 特任助教
研 究 室 理学部A館 237号室 (内線5897)
電子メール
先頭へ
才川 隆文 (さいかわ たかふみ/Saikawa, Takafumi) 研究員
先頭へ
アーロン・チャン (Chan, Aaron) 特任助教(YLC)
研 究 室 多元数理科学棟 557号室 (内線5574)
電子メール
先頭へ
広瀬 稔 (ひろせ みのる/Hirose, Minoru) 特任助教(YLC)
研 究 室 多元数理科学棟 201号室 (内線2422)
電子メール
先頭へ
藤野 弘基 (ふじの ひろき/Fujino, Hiroki) 特任助教(YLC)
研 究 室 理学部A館 205号室 (内線2822)
先頭へ
ホアン・サンチー (Huang, Shan-Chi) 研究員
先頭へ
吉田 大介 (よしだ だいすけ/Yoshida, Daisuke) 特任助教
研 究 室 理学部A館 323号室 (内線2812)
電子メール
個人ページ https://www.math.nagoya-u.ac.jp/~dyoshida/
研究テーマ
  • general relativity
  • cosmology
主 要 論 文
[1]D. Yoshida and J. Quintin: Maximal extensions and singularities in inflationary spacetimes, Class. Quant. Grav. 35 (2018) no. 15, 155019.
[2]D. Yoshida, J. Quintin, M. Yamaguchi and R. Brandenberger: Cosmological perturbations and stability of nonsingular cosmologies with limiting curvature, Phys. Rev. D 96 (2017) 4, 043502.
[3]T. Kobayashi, M. Siino, M. Yamaguchi and D. Yoshida: New Cosmological Solutions in Massive Gravity, Phys. Rev. D 86 (2012) 6, 061505.
先頭へ
呼子 笛太郎 (よぶこ ふえたろう/Yobuko, Fuetaro) 特任助教
研 究 室 理学部A館 323号室 (内線2812)
電子メール
メッセージ 正標数の代数幾何および数論幾何に興味を持っています.特に代数多様体のp-進的性質が代数幾何的性質に与える影響について研究しています.
研究テーマ
  • CalabiYau varieties in positive characteristic,
  • deformation theory
  • (quasi-)F-split
主 要 論 文
[1]F. Yobuko: Quasi-Frobenius-split and lifting of CalabiYau varieties in characteristic p, submitted.
[2]F. Yobuko: On the Frobenius-splitting height of varieties in positive characteristic, submitted.
[3]Y. Nakkajima and F. Yobuko: Degenerations of log Hodge de Rham spectral sequences and log Kodaira vanishing theorem of certain log varieties in characteristic p>0, preprint.
先頭へ
アンシス・ロスマニス (Rosmanis, Ansis) 特任助教
研 究 室 理学部A館 241号室 (内線5614)
先頭へ