多元数理科学研究科−連携大学院制度について


 連携大学院制度とは、学外における高度な研究水準をもつ国立試験研究所や民間等の研究所の施設・設備や人的資源を活用して大学院教育を行う教育研究方法の一つです。この制度の目的は、
   @教育研究内容の豊富化、学際化
   A連携研究所の研究者との交流の促進、共同研究のシーズ形成
   B社会に開かれた大学院
としての評価を通じて大学院教育の活性化を図るものです。

 2000年度からは、主に名古屋大学数学教室の卒業生が客員教員(3名のオムニバス形式)となって、集中講義を行ったり、企業体験実習・見学を実施してきました。 最近は、レギュラー講義として、位置づけられています。

 学生の皆さまには、数学の研究だけでなく、社会への応用や貢献を考える機会として、この連携大学院制度を積極的に活用して、知見や視野を広げて欲しいと思います。 一般的には、数学は、他の科学や工学に比べて、産業や社会との結びつきが弱いと思われているのではないでしょうか。 しかし、実際には、数学の知識や素養が、いろんなところで活かされています。 大学院において数学の研究テーマだけでなく、なぜ自分が数学を研究するのだろうか、また、数学を通じて社会にどのように関わっていくのかということも、是非考えて欲しいと思います。 連携大学院の授業では、これらの問いに対するヒントが提示されると思います。


連携大学院制度の実績(2000年度〜)

 

担当教員(氏名・所属・役職は、当時のもの)/テーマ

参考資料

2015
年度
後期

●講義名:数理解析・計算機数学特別講義U(大学院/学部)

■織田 一彰【スローガン()

■中村 俊之【()日立製作所】

■梅田 英輝【()一六社】

●年次報告書

●コースデザイン

●講義結果報告

2015
年度
前期

●講義名:社会数理概論I/応用数理I(大学院/学部)

■日比 政博【名古屋工業大学大学院工学研究科, NECソフトウェア中部】

■盛田 洋光【NTエンジニアリング()

■大島 光【公益社団法人日本アクチュアリー会 正会員】

コースデザイン

●講義結果報告

2014
年度
後期

●講義名:数理解析・計算機数学特別講義U(大学院/学部)

■盛田 洋光【NTエンジニアリング()

■村松 純【NTT コミュニケーション科学基礎研究所】

■田中 祐一【トヨタファイナンス()

●年次報告書

コースデザイン

講義結果報告

2014
年度
前期

●講義名:数理解析・計算機数学特別講義I(大学院/学部)

■日比 政博【名古屋工業大学大学院工学研究科, NECソフトウェア中部】

■櫻庭 健年【()日立製作所】

■間瀬 順一【アイシン・コムクルーズ株式会社】

コースデザイン

講義結果報告

2013
年度
後期

●講義名:社会数理概論II(大学院)/数理解析・計算機数学特別講義U(学部)

■岸本 敏道【()日立製作所】

■田中 祐一【トヨタファイナンス()

■中村 俊之【()日立製作所】

年次報告書

コースデザイン

講義結果報告

2013
年度
前期

●講義名:社会数理概論I(大学院)/数理解析・計算機数学特別講義I(学部)

■織田 一彰【スローガン()

■日比 政博【名古屋工業大学大学院工学研究科, NECソフトウェア中部】

■中村 俊之【()日立製作所】

コースデザイン

講義結果報告

2012
年度
後期

●講義名:社会数理概論II(大学院)/数理解析・計算機数学特別講義U(学部)

■岸本 敏道【()日立製作所】

■佐藤 達雄【()アーベルソフト】

■櫻庭 健年【()日立製作所】

年次報告書

コースデザイン

講義結果報告

2012
年度
前期

●講義名:社会数理概論I(大学院)/数理解析・計算機数学特別講義I(学部)

■織田一彰【スローガン()

■鈴木晃【(()OTSL)

■中村俊之【()日立製作所】

コースデザイン

講義結果報告

2011
年度
後期

●講義名:社会数理概論II(大学院)/数理解析・計算機数学特別講義U(学部)

■織田 一彰【ケイ・コンサルティング()

■岸本 敏道【()日立製作所】

■日比 政博【国立大学法人 名古屋工業大学】

年次報告書

コースデザイン

講義結果報告

2011
年度
前期

●講義名:社会数理概論I(大学院)/数理解析・計算機数学特別講義I(学部)

■村松 純【NTT コミュニケーション科学基礎研究所)

■田中 祐一【トヨタファイナンス()

■間瀬 順一【アイシン・コムクルーズ()

コースデザイン

講義結果報告

2010
年度
後期

●講義名:社会数理概論II(大学院)/数理解析・計算機数学特別講義U(学部)

■佐藤 達雄【() アーベルソフト】

■波多野 祥二【()OTSL

■中村 俊之【()日立製作所】

年次報告書

コースデザイン

講義結果報告

2010
年度
前期

●講義名:社会数理概論I(大学院)/数理解析・計算機数学特別講義I(学部)

■古結 明男 【日立オムロンターミナルソリューションズ() 】<代表者>

■田中 祐一 【トヨタファイナンス()

■村松 純【NTTコミュニケーション科学基礎研究所】

コースデザイン

講義結果報告

2009
年度
後期

●講義名:社会数理概論II(大学院)/数理解析・計算機数学特別講義U(学部)

■村松 純【NTTコミュニケーション科学基礎研究所】

■森 忠彦【ワトソンワイアットインシュアランスコンサルティング()

■中村 俊之【()日立製作所】

年次報告書

コースデザイン

講義結果報告

2009
年度
前期

●講義名:社会数理概論I(大学院)/数理解析・計算機数学特別講義I(学部)

■古結 明男 【日立オムロンターミナルソリューションズ() 】<代表者>

■田中 祐一 【トヨタファイナンス()

■間瀬 順一 【アイシン・コムクルーズ()

コースデザイン

講義結果報告

2008
年度
後期

●講義名:社会数理特論2(大学院)/数理解析・計算機数学特別講義U(学部)

■櫻庭 健年 【()日立製作所】<代表者>

■佐藤 達雄 【()アーベルソフト】

■森 忠彦【ワトソンワイアットインシュアランスコンサルティング()

年次報告書

コースデザイン

講義結果報告

2008
年度
前期

●講義名:社会数理特論1

■中村 俊之【()日立製作所 】<代表者>

■村松 純【NTTコミュニケーション科学基礎研究所】

■田中 祐一【トヨタファイナンス()

コースデザイン

講義結果報告

2007
年度
後期

●講義名:社会数理特論2

■間瀬 順一【アイシン精機()

■櫻庭 健年【()日立製作所】

■中村 俊之【()日立製作所】<代表者>

年次報告書

コースデザイン

講義結果報告

2007
年度
前期

●講義名:社会数理特論2

■中村俊之【()日立製作所】

■石川勝【()マイクロハウス】

■田中祐一【トヨタファイナンス()

コースデザイン

講義結果報告

2006
年度
後期

●講義名:社会数理特論2

■村松 純 【NTTコミュニケーション科学基礎研究所 知能情報研究部 研究主任】

■櫻庭 健年 【()日立製作所 システム開発研究所 強セキュリティプラットフォーム研究開発プロジェクト 主任研究員】

■中村 俊之【()日立製作所 ビジネスソリューション事業部 ビジネスデザインコンサルティング室 技師】

年次報告書

コースデザイン

講義結果報告

2006
年度
前期

●講義名:社会数理特論1

■中村俊之【()日立製作所 ビジネスソリューション事業部 ビジネスデザインコンサルティング室 技師】<代表者>

  ・名古屋大学 理学部 数学科 卒業 (1998)

■市原誠二【()日立オムロンターミナルソリューションズ 自動機事業部 エンジニアリング推進部 係長】

  ・名古屋大学大学院 人間情報学研究科 物質生命情報学専攻 修了 (1998)

■田中祐一【トヨタファイナンス() マーケティング部アソシエイトマネージャー】

  ・名古屋大学 理学部 数学科 卒業 (1990)

コースデザイン

講義結果報告

2005
年度
後期

●講義名:社会数理特論2

■岸本敏道【()日立製作所 RAIDシステム事業部 技師】<代表者>

■中村俊之【()日立製作所 ビジネスソリューション事業部 技師】

■櫻庭健年【()日立製作所 システム開発研究所 主任研究員】

年次報告書

コースデザイン

講義結果報告

2005
年度
前期

●講義名:社会数理特論1

■古結 明男 【()日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループ ソリューション統括本部 部長代理】

■岸本 敏道 【()日立製作所 RAIDシステム事業部 技師】

■中村 俊之 【()日立製作所 ビジネスソリューション事業部 技師】

コースデザイン

講義結果報告

2004
年度
後期

●講義名:社会数理特論1

■古結 明男 【()日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループ ソリューション統括本部 部長代理】

■岸本 敏道 【()日立製作所 RAIDシステム事業部 技師】

■中村 俊之 【()日立製作所 ビジネスソリューション事業部 技師】

年次報告書

コースデザイン

講義結果報告(未作成)

2004
年度
前期

●集中講義::社会数理特論2 <今期から毎週金曜日3〜4限のレギュラー化>

■古結 明男 【()日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループソリューション統括本部 システムフロントセンタ 部長代理】

   ・企業体験実習(8/3()

■中村 俊之 【()日立製作所 ビジネスソリューション事業部 企画員】

■岸本 敏道 【()日立製作所 RAIDシステム事業部 システム第2設計部 企画員】

コースデザイン

講義結果報告

2003
年度

●講義名:社会数理特論<集中講義形式>

■古結 明男 【()日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループ ソリューション統括本部 事業企画室 主任技師】

   ・テーマ:デジタル回路入門からシステム工学へ

   ・集中講義:5日/体験実習:4日

■岸本 敏道 【()日立製作所 RAIDシステム事業部 システム第2設計部 企画員】

  ・名古屋大学 理学部 数学科 卒業 (1995)

   ・テーマ:ハードウェア・ソフトウェア設計

   ・集中講義:8日

■中村 俊之 【()日立製作所 ビジネスソリューション事業部 企画員】

  ・名古屋大学 理学部 数学科 卒業 (1998)

   ・テーマ:Webプロデュース概論

   ・集中講義:8日

講義結果報告(前期)

2002
年度

●講義名:(集中講義)
■木下 俊之【()日立製作所 システム開発研究所/主管研究員 (日本PKIフォーラム出向)
  ・テーマ:コンピュータの高性能化手法ならびにインターネットセキュリティについて
  ・集中講義:8日
■塩田 憲司【()日立製作所 情報機器事業部 ソリューション本部 イメージシステム開発部長】
  ・テーマ:コンピュータ応用製品から見た課題と展望について
  ・集中講義:8日
■古結 明男【()日立製作所 インターネットプラットフォーム事業部 事業企画室 主任技師】
  ・テーマ:デジタル回路入門からシステム工学へ
  ・集中講義:4日/体験実習:5日

 

2001
年度

●講義名:(集中講義)
■塩田 憲司【()日立製作所 情報機器事業部 イメージシステム開発部/部長】
  ・名古屋大学 工学部 電気工学科卒 (1973)
  ・テーマ:コンピュータ応用製品から見た課題と展望について
  ・集中講義:8日
■古結 明男【()日立製作所 インターネットプラットフォーム事業部 事業企画室/技師】
  ・名古屋大学大学院 理学研究科 数学専攻 修了(1992)
  ・テーマ:IT分野における数学的素養の活用法
  ・集中講義:4日/体験実習:5日
■野田 知江【()日立製作所 金融システム事業部 第一保険システム部/技師】
  ・名古屋大学 理学部 数学科 卒業 (1993)
  ・テーマ:情報システムの実ビジネスへの適用 〜保険会社のシステムを事例として〜
  ・集中講義:4日/体験実習:5日

 

2000
年度

●講義名:(集中講義)
■木下 俊之【()日立製作所 システム開発研究所/主管研究員】
  ・東京大学 理学部 数学科 修了(1975)
  ・テーマ:コンピュータの性能評価と高性能化手法について
  ・集中講義:8日
■織田 幸博【()日立製作所 情報制御システム事業部/副技師長】
  ・名古屋大学大学院 理学研究科 数学専攻 修了(1975)
  ・テーマ:プラント制御システムのCAD/CAM
  ・集中講義:8日
■塩田 憲司【()日立製作所 情報機器事業部 印鑑プロジェクト/部長リーダー】
  ・名古屋大学 工学部 電気工学科卒(1973)
  ・テーマ:コンピュータソフトウエアの課題と展望について
  ・集中講義:8日

外部評価報告書/自己点検・評価報告書