名古屋大学 大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科
住所: 〒464-8602 愛知県名古屋市千種区不老町 / 電話: 052-789-2827 / FAX: 052-789-2829

研究情報 - 過去の研究集会 - 乱流と流体方程式の解の特異性

  • WELCOME
  • 行事予定
  • 交通案内
  • 進学案内
  • 教育・就職
  • 研究情報
  • 人々
  • ジャーナル
  • 名古屋大学 理学図書室
  • 採用情報
  • 社会連携
  • 名古屋大学数理科学同窓会
  • アーカイブ
  • リンク

ファイル更新日:2012年01月24日

研究情報

平成23年度数学・数理科学と諸数学・産業との連携研究ワークショップ

乱流と流体方程式の解の特異性


2次元乱流における渦度の等高線

文部科学省研究振興局数学イノベーションユニットの御後援を得て平成23年度数学・数理科学と諸科学・産業との連携研究ワークショップ「乱流と流体方程式の解の特異性」を開催します. 乱流現象の関わる様々な数理的な問題意識を実験・観測, 理論, 数値解析の立場から明らかにしていくことを目的としています. 乱流現象に興味を持っていらっしゃる多くの研究者や学生の皆さんの参加を期待しております.

日 時
2012年1月27日(金) 10:00〜16:00
会 場
名古屋大学 理学南館 1階 セミナールーム
共 催
文部科学省研究振興局数学イノベーションユニット
世話人
木村芳文 (名古屋大学大学院多元数理科学研究科)
岡本 久 (京都大学数理解析研究所)

プログラム

1月27日(金)
10:00

数学イノベーションユニット

最初に

藤井良一 (名古屋大学理事・太陽地球環境研究所)

ご挨拶

10:1510:30

木村芳文 (名古屋大学多元数理科学研究科)

[DOWNLOAD] 乱流の数理解析 / overview [PDF/3.6MB]

10:3010:55

辻 義之 (名古屋大学工学研究科)

乱流実験における基礎的課題とその応用

10:5511:20

松本 剛 (京都大学理学研究科)

一様等方乱流中の或る active scalar 量の統計

《休 憩》

11:3012:00

石坂浩一 (三菱重工業株式会社技術統括本部)

[特別講演] 重工業における乱流技術の応用について

12:0012:25

金田行雄 (名古屋大学工学研究科)

乱流と計算科学

《昼 食》

13:3013:55

岡本 久 (京都大学数理解析研究所)

数学の立場から見た水面波について

13:5514:20

草野完也 (名古屋大学太陽地球環境研究所)

太陽地球環境科学における乱流研究の役割と課題

14:2014:40

飛田武幸 (名古屋大学名誉教授)

特性汎関数による流体へのアプローチ [short communication]

《休 憩》

14:5015:10

堀内 潔 (東京工業大学理工学研究科)

[特別講演] 流体乱流における反変・共変ベクトルと散逸構造

15:1015:35

加藤 淳 (名古屋大学多元数理科学研究科)

NavierStokes方程式の適切性に関する最近の話題について

15:3516:00

芳松克則 (名古屋大学工学研究科)

ウェーブレット解析を用いた乱流の情報縮約手法の開発

懇親会

ワークショップ終了後, 以下のように名古屋大学構内にて懇親会を開催いたします. 皆様のご参加をお待ちしております.

日時1月27日(金) 17:30〜
会場レストラン花の木 ミーティングルーム
会費4,000円 (学割があります)

参加のお申し込みは kozaki (at) math.nagoya-u.ac.jp 宛て, 1月26日(木) 13:00までにお願いいたします.

会場案内

map