名古屋大学 大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科
住所: 〒464-8602 愛知県名古屋市千種区不老町

人々 - 特任教員

  • WELCOME
  • 行事予定
  • 交通案内
  • 進学案内
  • 教育・就職
  • 研究情報
  • 人々
  • ジャーナル
  • 名古屋大学 理学図書室
  • 採用情報
  • 社会連携
  • 名古屋大学数理科学同窓会
  • アーカイブ
  • リンク

ファイル更新日:2020年08月09日

人々

特任教員

アーロン・チャン (Chan, Aaron) 特任助教(YLC)
研 究 室 多元数理科学棟 557号室 (内線5574)
電子メール
TOP
エリック・ダルポ (Darpö, Erik) 特任准教授(G30)
研 究 室 理学部A館 331号室 (内線5612)
電子メール
研究テーマ
  • representation theory of algebras
  • higher-dimensional AuslanderReiten theory
  • non-associative algebra
主 要 論 文
[1]E. Darpö and J. M. Pérez Izquierdo: Autotopies and quasigroup identities: new aspects of non-associative division algebras, Forum Math. 27 (2015), no. 5, 26912745.
[2]E. Darpö and C. C. Gill: The Loewy length of a tensor product of modules of a dihedral two-group, J. Pure Appl. Algebra 218 (2014), no. 4, 760776.
[3]E. Darpö and M. Herschend: On the representation ring of the polynomial algebra over a perfect field, Math. Zeit. 265 (2010), no. 3, 601615.
TOP
金田 行雄 (かねだ ゆきお/Kaneda, Yukio) 特任教授
研 究 室 理学部A館 320号室 (内線2820)
電子メール
個人ページ http://www.math.nagoya-u.ac.jp/~kaneda/home_kaneda.htm
メッセージ 乱流は日常生活や自然, 科学技術のいろんな場面でいつでもどこでも現れる流れの状態です. 一見ランダム, でたらめ, 偶然的に見える一方で流体力学の決定論的法則に従う現象です. その法則を表現する方程式の解の存在と一意性の数学的証明はまだされていませんが, その一見でたらめな現象の背後に普遍的な統計法則が潜んでいると予想されています. その法則を探るべく, 数理的, 計算科学的方法による研究をしています.
研究テーマ
  • fluid mechanics
  • theory of turbulence
  • computational science of turbulence
主 要 論 文
[1]Y. Kaneda, Y. Yamamoto and Y. Tsuji: Linear response theory for one-point statistics in the inertial sublayer of wall-bounded turbulence, Phys. Rev. Lett. 122 (2019), 194502.
[2]Y. Kaneda, T. Ishihara, M. Yokokawa, K. Itakura and A. Uno: Energy dissipation rate and energy spectrum in high resolution direct numerical simulations of turbulence in a periodic box, Phys. Fluids, 15 (2003), no. 2, L21L24.
[3]Y. Kaneda: Renormalized expansions in the theory of turbulence with the use of the Lagrangian position function, J. Fluid Mech. 107 (1981), 131145.
受 賞 歴
2002年Gordon Bell Award SC2002 (IEEE)
2009年平成21年度文部科学大臣表彰 科学技術賞 (文部科学省)
2011年日本流体力学会論文賞 (日本流体力学会)
フェロー等
2004年 イギリス物理学会フェロー
2011年 アメリカ物理学会フェロー
TOP
五明 工 (ごみょう たくみ/Gomyou, Takumi) 特任助教
研 究 室 理学部A館 323号室 (内線2812)
電子メール
TOP
藤野 弘基 (ふじの ひろき/Fujino, Hiroki) 特任助教(YLC)
研 究 室 理学部A館 205号室 (内線2822)
TOP
ヘンリク・バッハマン (Bachmann, Henrik) 特任准教授(G30)
研 究 室 多元数理科学棟 457号室 (内線2428)
電子メール
個人ページ [外部サイト] http://www.henrikbachmann.com
メッセージ 私は, 多重ゼータ値とモジュラー形式の理論に関連する様々なテーマに興味を持っています. これまでに, 古典的なアイゼンシュタイン級数と多重ゼータ値の共通の一般化である多重アイゼンシュタイン級数の代数構造などを研究してきました. これらのオブジェクトは, 多重ゼータ値のq類似の研究の一連として扱われます. 現在は, これらq類似の代数構造と数学の他の領域との関係を研究しています.
研究テーマ
  • number theory
  • multiple zeta values
  • modular forms
  • q-analogues of multiple zeta values
主 要 論 文
[1]H. Bachmann and K. Tasaka: The double shuffle relations for multiple Eisenstein series, Nagoya Math. J. 230 (2018), 180212.
[2]H. Bachmann and Y. Yamasaki: Checkerboard style Schur multiple zeta values and odd single zeta values, Math. Z. 290 (2018), no 3, 11731197.
[3]H. Bachmann, Y. Takeyama and K. Tasaka: Cyclotomic analogues of finite multiple zeta values, Compos. Math. 154 (2018), no. 12, 27012721.
TOP
松坂 俊輝 (まつさか としき/Matsusaka, Toshiki) 特任助教
研 究 室 理学部A館 239号室 (内線5613)
電子メール
TOP
セルジュ・リシャール (Richard, Serge) 特任教授(G30)
研 究 室 理学部A館 237号室 (内線5897)
電子メール
個人ページ http://www.math.nagoya-u.ac.jp/~richard/
研究テーマ
  • functional analysis
  • spectral and scattering theory
  • index theorems in scattering theory
  • Mourre theory
  • magnetic systems
主 要 論 文
[1]S. Richard: Levinsons theorem: an index theorem in scattering theory, in Proceedings of the Conference Spectral Theory and Mathematical Physics, Santiago 2014, Operator Theory Advances and Applications 254, Birkhäuser, 2016, pp.149203.
[2]D. Parra, S. Richard: Continuity of the spectral for families of magnetic operators on Zd, Anal. Math. Phys. 6 (2016), 327343.
[3]S. Richard, R. Tiedra de Aldecoa: Resolvent expansions and continuity of the scattering matrix at embedded thresholds: the case of quantum waveguides, Bull. Soc. Math. France 144 (2016), no. 2, 251277.
TOP