top | サイトマップ | 講義 | 名古屋大学数学教育セミナー | 大学数学基礎教育ネットワーク | 数学教育 | リンク | 連絡先
講演内容アブストラクト
1.「市民の数学」を求めて
−日本人の科学リテラシー像策定プロジェクト−
 浪川 幸彦


 「学力低下」と並んで,「数学嫌い」「理科離れ」が教育での大きな問題になっている。一方で「えせ科学」に多くの人が振り回されている。
 これらは無関係ではなく,日本人の持っている「科学リテラシー」(科学についての基本的な素養)が不足しているのである。そこで数学・技術を含めた,成人の持つべき具体的な「科学リテラシー」像を策定する試みが始まっている。
 数学の場合,数理科学の専門家たちの数学と,「受験数学」へと方向付けられた学校数学しかない現状が問題である。その解決のためには,権利と責任を持って社会的活動に関わる「市民」が持つべき数学の素養を明確にすること,いわば「市民の数学」を確立することが大切である。これはまた高校で理系に進まない生徒たちへの数学教育を考えるための手がかりを与えると期待される。
 現在進行しているこの企画について紹介し,皆様の意見や提案を伺いたい。
2.一統計家が考える「読み・書き・そろばん」
 吉村 功


 私には,自分が学者である,という意識がありません.では何を飯の種にしているかということになりますが,数値,数字,数理,計算などについて,世間の平均レベルを少しだけ上回った能力を持っているらしく,それで世間の皆さん(学生,ordinary people,各分野の研究者)から経済的援助(授業料からの給料,謝金,研究費)を受けてきている,というところです.でも,「数値,数字, ...」というのでは分かっていただけないことが多いので,キーワード的には「私は統計家です」と答えることにしています.
 今回のセミナーの主題は,「読み書き算盤として必要な技能と,その手渡し方」ではないかと思います.そこで,私が仕事をしている分野・側面において,社会の皆さんに常識として持っていて欲しいことの一部を,社会の皆さんになるほど確かにそういう素養・知識・常識はあった方が良さそうだ,と思っていただけるように提示してみようと思います.「俺たち専門家を社会の皆さんなどと馬鹿にしないでくれ」などとお怒りにならず,話が聞くに値したかどうかで代は見てのお戻りだよということで,帰りの木戸銭を懐にお出でいただければ,と思っています.