名古屋大学 大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科
住所: 〒464-8602 愛知県名古屋市千種区不老町 / 電話: 052-789-2827 / FAX: 052-789-2829

教育・就職 - 教育研究活動 - 格子, 保型形式とモジュライ

  • WELCOME
  • 行事予定
  • 交通案内
  • 進学案内
  • 教育・就職
  • 研究情報
  • 人々
  • ジャーナル
  • 名古屋大学 理学図書室
  • 採用情報
  • 社会連携
  • 名古屋大学数理科学同窓会
  • アーカイブ
  • リンク

ファイル更新日:2005年06月16日

教育・就職

格子, 保型形式とモジュライ

代表者(提案者)

金銅 誠之

テーマ

楕円曲線論を雛形に, K3曲面を扇の要に置いて, 有界対称領域上の保型形式, 数理物理, 格子に付随したgeneralized Kac-Moody代数の表現や有限単純群論など様々な視点からモジュライを研究する.

詳細ダウンロード


2005年度前期の活動予定

(1) レクチャーシリーズ

テーマはIV型有界対称領域上の保型形式とK3曲面です. 特に前半は典型的な例「射影直線上の8点のモジュライ, K3曲面とIV型有界対称領域上の保型形式」について講義します.

講義は原則として毎週金曜日2限を予定しています.

(2) 集中講義

宮本雅彦(筑波大) (後期予定)

(3) 研究集会

タイトル Moduli and compactifications
期  間 2005年9月28日〜30日
場  所 名古屋大学
来訪予定者 V. Alexeev (Georgia), van Geemen (Milano), van der Geer (Amsteldam), K. Hulek (Hannover), E. Looijenga (Utrecht), G. K. Sankaran (Bath), N. I. Shepherd-Barron (Cambridge)

を計画しております.


2004年度後期の活動予定

(1) レクチュア・シリーズ(プロジェクト代表者による)

  • Lorentzian格子, K3曲面の自己同型とMathieu群
  • IV型有界対称領域上の保型形式とK3曲面

(2) 短期集中講義(予定)

小木曽啓示氏(東京大学)
10月4日(月)〜10月7日(木)
「Mcmullen's K3 surfaces」
向井 茂氏(京都大学)
(時期は未定)
V. V. Nikulin氏(Liverpool)
12月23日〜1月12日に名古屋に滞在
12月24日(金) 13:00-14:30 (理1号館 207セミナー室)
特別セミナー「Classification of log del Pezzo surfaces of index ≤ 2」
1月11日(火) 13:00-14:30 (理1号館 309講義室)
幾何学・数理物理学セミナー「Correspondences of a K3 surface with itself」

※ 講義日程等は確定次第, webでお知らせします.


2004年度前期の活動予定

次のテーマで夏休みまで講義を行います:

Part 1)

格子理論(Lorentzian格子の鏡映群, unimodular latticeの分類, Leech格子と関連する散在型有限単純群)

Part 2)

K3曲面の周期, Lorentzian格子とK3の自己同型群

Part 3)

Moonshine予想, IV型有界対称領域上の保型形式

日 時 金曜日 15:00〜17:00
(6月11日, 7月9日, 16日は休み)
場 所 理学部A館444セミナー室