名古屋大学 大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科
住所: 〒464-8602 愛知県名古屋市千種区不老町 / 電話: 052-789-2827 / FAX: 052-789-2829

教育・就職 - 教育研究活動 - 教育研究プロジェクトについて

  • WELCOME
  • 行事予定
  • 交通案内
  • 進学案内
  • 教育・就職
  • 研究情報
  • 人々
  • ジャーナル
  • 名古屋大学 理学図書室
  • 採用情報
  • 社会連携
  • 名古屋大学数理科学同窓会
  • アーカイブ
  • リンク

ファイル更新日:2006年08月30日

教育・就職

教育研究プロジェクトについて (続き)

3. 教育研究プロジェクトのサポートする内容

プロジェクト計画は次のような情報を提供します(後に詳しく説明)

  • どんなテーマ・内容の研究の可能性があるか?
  • どのようなステップで目標に到達できるか?
  • その先にどのような展望があるか?

プロジェクトは次のような活動の場を提供します

  • 入門者向け研究セミナー, プロジェクト参加者向け特別講義などの実施
  • 他の研究者達との交流(研究科内外)
  • 成果発表

※ 次ページの金銅プロジェクトによるシミュレーションを参考にして下さい.

4. 教育研究プロジェクトの特徴

教員が先輩の研究者としてアドバイスします

プロジェクトへの参加者は責任者あるいは協力者である教員から研究のアドバイスを受けます. ただし必ずしも学位論文アドバイザーになるとは限りません.

特に前期課程学生の参加者に対しては, アドバイザー(少人数クラス担当者)に協力して自主研究の助言をします.

複数教員がプロジェクトに参加します

教員と学生とが一対一で向き合うといった形でなく, 集団的な研究の場を設けます. この意味で工学部や実験系の大講座あるいは研究室制と似たところがありますが, テーマによって組織されているので, 固定されたものでない点が大きく違います.

参加は自主的なものです

どのプロジェクトに参加するかは, 基本的に皆さん自身が選択し, 決定します.

※ 担当者の負担の問題がありますので, 全く自由というわけにはゆきません.

前期課程からの積極的な参加を推奨します

前期課程の皆さんも, これに参加することで, 数学の諸分野を知り, 将来への展望を持つことができます. 前期課程の場合には「自主研究」として位置付けられます.

複数のプロジェクトへの参加を推奨します

豊かなテーマは必ず様々の分野につながっています. 関連するプロジェクトにも積極的に参加して下さい. 新しい視点が与えられるでしょう. 特に前期課程の皆さんは, いろいろのプロジェクトに顔を出してみて下さい.

GIF画像
プロジェクト間の相関モデル