名古屋大学 大学院多元数理科学研究科・理学部数理学科
住所: 〒464-8602 愛知県名古屋市千種区不老町 / 電話: 052-789-2827 / FAX: 052-789-2829

進学案内 - 数理学科 - 数理学科の教育プログラム

  • WELCOME
  • 行事予定
  • 交通案内
  • 進学案内
  • 教育・就職
  • 研究情報
  • 人々
  • ジャーナル
  • 名古屋大学 理学図書室
  • 採用情報
  • 社会連携
  • 名古屋大学数理科学同窓会
  • アーカイブ
  • リンク

ファイル更新日:2011年04月05日

進学案内

理学部数理学科

数理学科の教育プログラム

数理学科とは

名古屋大学理学部数理学科は数学数理科学を専門とする学科です. 数学の起源はギリシャ時代にまで遡ります. 数ある学問の中でも最も古いもののひとつです.「そんなに古い学問であるならば, 問題はすべて解決されてしまっていて, もう新たにやることはないのでは」といった質問をときに受けます. しかしこれは大きな誤解です. 数学の発展に伴い新たな問題が続々と誕生し続けています. 現にその解決のために私たち数学者・数理科学者は日夜努力を重ねています. そして問題解決のために創造された新理論や, あるいは問題解決の結果得られた新たな展望から, また問題が派生します. 数学の研究をやりたいけれど未解決問題はないんじゃないか, などという心配はまったく不要です.

また「数学などという『理論的』な学問を学んでも, 就職に困るのではないか」といった質問もよくあります. しかし実際には, 産業界における数学・数理科学の需要は急激に増大しています. 例えば, 数学を通じて養った抽象的な思考能力は数理学科出身者に特有の資質です. 数理学科卒業後, あるいは大学院博士課程修了後, 企業に就職を希望している人たちもやはり心配は無用です. 数理学科で身につけた力をぜひ実社会でいかんなく発揮してください.

教育プログラム概要

1年次
名古屋大学理学部では, 入学後の1年間は学科に所属せず, 理学部の学生として自然科学をはじめとする種々の学問の素養を身につけることが期待されています. その一部として, 関数の微分・積分を扱う「微積分学 I・II」や, 行列やベクトルを扱う「線形代数 I・II」が, 数学関連の全学共通科目として開講されています. また, 少人数クラスで実施される「数学演習 I・II」, 現代数学の一端を垣間見ることの出来る「数学展望 I・II」といった科目もあります. これらは, 数理学科が理学部1年生向けに特別に提供している専門科目です. 実際に数理学科への進学を決めるに先立ち, 数学をより良く知ることは極めて重要です. 数理学科への進学に興味のある人たちは, ぜひこれらの科目を受講し, 数学を知り, そしてその楽しさを味わってください.
2〜3年次
数理学科に進学が決まった2年次から, 数学の勉強が本格的に始まります. まずは, 2年前期に, より理論的な仕方で, 微積分学や線形代数学を学び直し, また「集合」や「位相」, あるいは「群」といった基本的抽象概念の習得を目指します. さらに, 代数学・幾何学・解析学などの種々の分野の科目がこれに続きます. 現代数学の持つ広がりが, 徐々に皆さんの前に明らかになっていくはずです. それを目にしたときの喜び・興奮は計り知れないもののはずです.
4年次
さて, 数理学科での最後の1年です.「卒業研究」が始まります. 数人程度のごく少数の学生のグループを1名の教員(アドバイザと呼ばれます)が担当するものです. また, 大学院との共通科目も開講されます. これらの科目を通じて, 数学に関する理解はさらに広まりそして深まっていくでしょう.

※ 数理学科における教育プログラムの詳細を知るには, 教育・就職も参考になるかと思います. よろしければ, そちらもご覧ください.

数理学科における教育プログラムの特色

  • 学生の主体性・自主性を高く評価します. 学生の自主的・積極的な学習を支援するための体制も整備されています. 例えば, オフィスアワー制度がそのひとつです. 学生の皆さんの質問・相談に応じるため, すべての教員が毎週決まった時間に決まった場所で待機しています.
  • 多様な学生の多様な要望に応えるためのカリキュラムが用意されています. 履修する科目を単に学年に応じて決めるのではなく, 各自の学力や興味に応じて科目の選択が出来るレベル制度, あるいは, 科目選択の際に大いに参考となるコースデザインなどの充実など, 他の学科には例を見ないものが多数あります.
  • 「国立大学は研究至上主義, しかし教育は軽視しがち」との言葉をしばしば耳にします. しかし, 数理学科は違います. 私たち数理学科の教員は, 教育を極めて重要な責務のひとつと考えます. 例えば, 2002度より, 数理学科で開講されている全講義科目に対し講義アンケートを実施し, 学生からの意見を吸い上げ, 数理学科における教育の質の向上に努めています.
  • 少人数教育の充実, これも数理学科の教育プログラムの大きな特徴です. 演習科目や卒業研究と言った少人数教育の場が, すべての学年に対し用意されています. 研究者として第一線で活躍する教員から, 身近に学ぶことが出来ます.

※ 数理学科における教育プログラムの詳細を知るには, 教育・就職も参考になるかと思います. よろしければ, そちらもご覧ください.