研究会 「D-branes and Mirror Symmetry」


[English]

科学研究費特定領域研究B「超対称性と素粒子の統一理論」(代表:江口徹)に基づき、研究会を開催いたします。

期日

2002年2月5日(火) 〜 2月8日(金)

場所

京都大学 数理解析研究所 大講義室 (420号室)

趣旨

近年の超弦理論の発展のなかでD-ブレーンやミラー対称性は理論の非摂動的振る舞いを理解する上で大きな役割を果たしてきましたが、同時にその研究を発展させるためには数学の関連分野と密接な交流を持つことが重要であることも明らかになってきました。本研究会では弦理論研究者と数学者の交流を更に深め両者に益する今後の発展を展望することを目的に企画されたものです。この趣旨に沿う研究テーマであれば、D-ブレーンやミラー対称性以外のより広い分野からの研究発表も歓迎します。

海外からの講演予定者

Paul S. Aspinwall, Kentaro Hori, Dominic Joyce

国内からの講演予定者

伊藤由佳理、江口徹、太田啓史、後藤竜司、斎藤恭司、高柳匡、中津了勇、深谷賢治、安井幸則


日程

2月5日(火)

13:30-15:00 : Paul Aspinwall (Duke) "D-branes on Calabi-Yau three-folds"

15:30-16:30 : 後藤 竜司 (阪大・理) "Moduli spaces of topological calibrations, Calabi-Yau, HyperK\"ahler, G_2, Spin(7) structures"

2月6日(水)

09:30-10:30 : Dominic Joyce (Oxford) "Singularities of special Lagrangian 3-folds and SYZ conjecture I"

11:00-12:00 : 中津 了勇 (阪大・理) "Open-String Field Theories and A_{\infty}-Algebra"

14:00-15:00 : 伊藤 由佳里 (都立大・理) "G-Hilbert schemes and Gr\"obner basis"

15:30-16:30 : 安井 幸則 (大阪市大・理) "Cohomogeneity one metric with Spin(7) holonomy"

2月7日(木)

09:30-10:30 : 堀 健太朗 (Harvard) "Mirror symmetry"

11:00-12:00 : 高柳 匡 (東大・理) "D-branes in Melvin background"

14:00-15:00 : 太田 啓史 (名大・理) "From Lagrangian submanifold to $A_{\infty}$ algebra"

15:30-16:30 : Dominic Joyce (Oxford) "Singularities of special Lagrangian 3-folds and SYZ conjecture II"

2月8日(金)

09:30-11:00 : 深谷 賢治 (京大・理) "Multivalued Morse theory, Asymptotic analysis and Mirror symmetry"

11:30-12:30 : 江口 徹 (東大・理) "Seiberg-Witten curve for E-string theory"

14:00-15:00 : 堀 健太朗 (Harvard) "D-brane and mirror symmetry"

15:30-16:30 : 斉藤 恭司 (京大・数研) "Highest integrable representations of an elliptic algebra"


旅費希望の方は以下にご連絡下さい。

[申し込み方法]

旅費の補助を希望する方は以下の旅費補助申込み書に記入の上 E-mailにてお送り下さい。
(注)subjectはryohi hojo として下さい

締め切り:2002年1月14日(月)
申込先:東大・理・素研事務 井上奈保
    E-mai : inoue@hep-th.phys.s.u-tokyo.ac.jp
TEL:03-5841-4214


世話人 (五十音順)

江口徹(東大), 河合俊哉(京大), 菅野浩明(名大),
斎藤恭司(京大), 中島啓(京大), 深谷賢治(京大)


この web page に関する問い合わせ先:菅野浩明

E-mail : kanno@math.nagoya-u.ac.jp